マインドフルネス体験シャワークライミング

滝をよじ登る遊びシャワークライミング

神奈川県の丹沢で滝行?!

丹沢には無数の滝があることをご存知でしょうか。

丹沢ってとても潤っている瑞々しい山なんですよ!

丹沢山塊は、神奈川県西部に聳える壁、神奈川県の屋根、厚木市から県境山北町まで連なる山並みです。

東側には丹沢を代表する大山(大山阿夫利神社は素晴らしい神社です)がありますが、神奈川県民で知らない人はいない山だと思います。また、西側には足柄の金時山から箱根外輪山があるため、神奈川県西部には丹沢→箱根という神奈川県、静岡県、山梨県の三県の県境にあたる大きな壁があるんですね。

この壁は、海からの距離がとても近く、丹沢までは直線距離でほんの20km程度です。南風には海の湿気がたくさん含まれているのですが、それが丹沢の山々にぶつかり上昇気流を作ります。すると丹沢の上空には積乱雲ができやすくなって、夕立が降ることが多いんです。降った雨は山に染み込んで長い年月を経て地下水となって再び地上に出てくるという流れです。

その水は、山の谷間に入るとあちこちから滲み出ていたり吹き出していたりしているんですよ!天然水のダムということですね。そりゃ〜滝もたくさんあるわけです。

丹沢は滝の宝庫

丹沢は登山者に人気です。多くの登山道は尾根に作ってあるため、登山中に滝を見ることができる道は限られていますが、登山道の数以上に丹沢には沢(谷)がたくさんあります。そもそも、「丹沢」という名前、丹は韓国の古語で谷の意味があるそうです。沢は文字通り沢ですね。

ということで、丹沢は昔から滝がたくさんある山なんだよ!と人々は認識していたわけですね。

滝に打たれるより滝を登れ!

実は神奈川県内では、古くから滝行が行われています。

個人的にはとても興味がある分野ですが、まだ未経験ですw

でもね、滝行とは違いますがシャワークライミングは、マインドフルネスや禅の要素が十分に含まれていると思っています。動的なマインドフルネスという感覚です。これは坐禅や滝行の経験があったり、ヨガや瞑想をやっている人が、そのつもりでシャワークライミングをやってみると感じることができると思います。知らんけどw

ぜひ、マインドフルネスの感覚で、シャワークライミングにチャレンジしてみてもらいたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA